TOMIYA

ブレゲ
1775年、スイスのヌーシャテル出身の時計師アブラアン・ルイ・ブレゲが、パリのシテ島に時計工房を開設。天才時計師である彼は、永久カレンダー、ミニッツリピーター、独自のヒゲゼンマイ、トゥールビヨンなど数々の革新的な機構を開発し、時計の歴史を200年早めたといわれる。1815年には、フランス海軍御用達時計となった。1823年のアブラアン没後はブレゲ一族の経営が途絶えるが、ショーメが商標を買い取り再興。現在は、スウォッチグループの傘下にある。本社はスイス。ナポレオン・ボナパルトやマリー・アントワネットなど歴史的人物が愛用したことでも知られる。

SERIES LINEUP 商品シリーズ一覧

クラシック

マリーン

Queen of Naples

トラディション

グランドコンプリケーション