TOMIYA

ジャガールクルト
1833年、時計職人であったアントワーヌ・ルクルトが小さなアトリエを創立したのが始まり。1866年、部品製造から組み立てまでを、自社で一貫して行うマニュファクチュールの工場を完成させる。1903年には、創立者の孫であるジャック・ダヴィド・ルクルトがパリジャンのエドモンド・ジャガーと出会い、社名がジャガールクルトに。現在に至るまで時計界の歴史に残る数々の名品を生み出している。本社はスイス、ル・サンティエ。1931年には、時計ケースが反転するロングセラーモデル「レベルソ」を発表。

SERIES LINEUP 商品シリーズ一覧

Reverso

Master