MESSAGE代表メッセージ

MESSAGE 代表取締役 古市聖一郎 MESSAGE 代表取締役 古市聖一郎

01

CONCEPT

腕時計・宝飾品は、人生を輝かせるデザート。

創業86年目を迎えたトミヤは、「デザート・オブ・ライフ」というコンセプトを掲げています。人生をフルコースの料理に例えると、宝飾品や腕時計をたしなむことは「食後のデザート」を味わうようなもの。それは、生活の主役でも必需品でもありません。それでも、頑張って働いて貯めたお金で買った時計を見て「また頑張ろう」とモチベーションを高めることができたり、大切な人から贈られた指輪を見て「元気にしてるかな」と離れていても存在を感じることができたり、人の心と時間を輝かせることができます。なくても生きてはいけるけども、あると日々が輝きだすもの。トミヤは「人生のデザート提案企業」として、宝飾品や腕時計を通して、人間がいちばん人間でいられるエモーショナルな時間を届けたいと考えています。

PHILOSOPHY

02

PHILOSOPHY

「高級品を売る」のではなく、
「価値の提供」で社会に貢献する。

私が働く上で大切にしているのは、江戸時代の思想家、二宮尊徳さんの『道徳なき経済は罪悪であり、経済なき道徳は寝言である』という言葉です。トミヤの長い歴史は、地元岡山に育てていただいた歴史です。その恩返しとして、道徳ある接客で本当に価値のあるものをご提供し、利益を出すことで地域社会に貢献したいと考えています。お客様が欲しいものをただ売るだけなら、AIでもできるかもしれません。そうではなく、お客様が想像していないもの、お客様が知らないものをお届けすること。例えば、年一回のトミヤ創業祭では、ブランドとコラボレーションした限定商品をはじめ、トミヤでしか手に入らないものを多数ご用意しています。「単なる商品販売」ではなく「心が豊かになる接客」こそがトミヤのスタンスです。

MESSAGE

03

MESSAGE

知識や経験や成功体験よりも
人としての「明・元・素」

トミヤでの販売の仕事は、今まで培った人間力・個性があれば十分に活躍できる職種です。具体的に求める人材像で言うと「明・元・素」。つまり、明るく、元気で、素直な人です。商品説明が上手にできるかどうかよりも、商品以外の会話でお客様と親密になれるコミュニケーション能力の高い人を求めています。また、キャリアアップに関しては、客層が若い店舗であれば20代で店長になることも可能ですし、意欲が高い人や成績を残した人には海外出張の機会も用意しています。買い付けや海外メーカーの工場見学に同行できるので、商品知識を深めることができ、モチベーションアップにもつながります。「若くても意欲のある人なら積極的にサポートする」というのがトミヤの企業風土です。
商品の知識や販売の経験がなくても、学生時代に大きな成功体験がなくても構いません。時計が好き。人と話すのが好き。誰かを笑顔にするのが好き。そんなあなた自身が、才能の原石です。そう思って一歩踏み出してみてください。社会人として働くことは、新しい自分へのスタートです。

CONCEPT

TOP